ホルモン+HER2+。2005年鎖骨上・下リンパ節への領域再発。07年、09年脳転移。2014年現在皮膚転移と格闘ちう


by 猫乃森

プロフィールを見る
画像一覧

貧血と再びのモーズペースト その1

今年初のヒメヒオウギ。
e0034047_18303653.jpg

ブルーベリーも花から実に。
e0034047_1831328.jpg

蕾だったローズゼラニウムに花が咲き、
e0034047_18324849.jpg

あら~!既に花の盛りを過ぎたジャスミン(^^;)
e0034047_1834211.jpg

こちらも蕾だったのになぁ~。更新しない間に季節は流れ・・・でも、今日は寒いわっ(ーー;)


5月2日より昨日までちょいと3食昼寝付GW長期休暇入院しておりました。更新しなかったので、ご心配をおかけしたようで申し訳ありません。いやぁ~、入院中に携帯から更新しようかなとも思っていたんですけど、未だスマホではなく“ひゅーちゃーほん”ってヤツなもんで、画面小さいしめんどくさくなっちゃって(^^;)

では、長くなるので数回に分けてお届けしたいと思いま~す。

先月末30日の水曜日、受診日でやっとハーセプチン+パージェタ+パラプラチンの治療が出来る予定で病院に行きました。ちょっと何かやると息が切れるし、脈拍も多い。目まいはしないけれど歩くのがやっと。確実に貧血進んでるなぁ~と、いつもならチャリで行くところを1時間に1本しかないバスに乗って行きました。

案の定、血液検査の結果、貧血の指標となる血色素5.5g/dlと、アラ、参考値下限の半分以下じゃないですか~。で、白血球はと言うと8400と私にしたらすごい高値。そしてCRPが7.0mg/dlとこちらも相当高い。皮膚転移部分が感染している可能性大。←この日はCRP4.50mg/dlと高かったものの白血球は4600(私としては高いですが^^;)ulであったため、比較的元気だったと思われます(^^;)

主治医と相談して、その日はさらに貧血を進めてしまう可能性の高いパラプラチンを抜いたハーセプチン+パージェタで治療を行うことと、連休明けに再びモーズペーストでの処置を行って出血部位を固めるために入院する事を決めました。

その日のうちにひとまず輸血もと言う話も出たんですが、病院内をうろちょろできたし結構体調が良かったので、輸血はモーズペーストで入院する時でいいんじゃね?ってな話になったんですが、ケモ室に行くと顔見知りのナースたちが来る人ごとに「今日、輸血しないで大丈夫?」

だって、その日はいつもより体調が良かったんだもん。その日はそのまま帰りましたが、帰る間際まで、「ガーゼ交換する時出血大かったらすぐに来るのよ~!」と言うナースの言葉が引っかかって・・・。

とりあえず、それまでの3週間で食欲が無かったり体調がイマイチだった原因がてっきりパラプラチンだと思っていたので、パラプラチンを抜いたんだから体調が戻る筈・・・が、翌日も翌々日も8度まではいかないけれど微熱が出て・・・。

連休後半に突入してから救急にかかると言う手もあるけれど、金曜日の午前中なら主治医と話も出来るし、輸血して連休をちょっとでも元気に乗り越えられるならと、病院に行きました。

んで、予約外での診察と言うことで受付で何で来たかと尋ねられたので、「輸血してもらおうかと思って~。」と軽いノリで言ったら、何か結構体調が悪いと思われて(確かに悪かったけど)、とても病人っぽく扱われたような気がする(^^;)

んで、診察室に入って主治医から出た言葉が、「入院する?」
(と言われた日の検査結果が白血球が8400でCRPが7.0mg/dl)


昨日病院から帰ってまいりました!
完全復調とはなっていませんので、
しばらくはリハビリ的にボチボチ動きます。
取り敢えず今日はこの辺で。
・・・に、ポチっとヨロシクお願いします(^▽^;)

乳がん ブログランキングへ

[PR]
# by neko-no-mori | 2014-05-15 18:39 | 皮膚転移

再発がん友ちゃんたちとおしゃべりが出来なかったよ(;_;)

庭のブルーベリーの花。
e0034047_1256173.jpg

はっきり覚えていないんだけど、この家に引っ越してきて割とすぐに植えたと思うので、もう12年位は経つかしら。今までは多い年で5~6個程度(昨年は3個だったかな^^;)だったんだけど、今年はこんな花の固まりが6~7房!咲いた花の数だけ実が生るといいなぁ~♪


さて、日曜日に、今月のゆんたく(患者会の再発がん友ちゃんたちのおしゃべり会)があったんだけど、残念ながら出席できずorz

皮膚転移部分の痛みのコントロールは出来ていて痛みは全然感じなくなっているんですが、パラプラチン(一般名:カルボプラチン)+ハーセプチンを打って以来、吐き気が結構あって食欲がほとんど無かったり、熱が8度を超える日があるかと思えば、微熱が出たり退いたり。

オピオイド(麻薬性鎮痛薬など)の副作用である便秘はともかく、水様便がいきなり来る日があったり、手も足も浮腫んで赤ちゃんみたいな時もありで、主治医の診察日でなくても病院に行こうかななんて思っても決定打とはならず。そうこうしているうちに明日は予約した診察日となりました。

昨日はガーゼ交換に失敗し大量出血もしたので、明日の血液検査の結果が楽しみだぜ!


絶対貧血が進んでると思うけど、
貧血に慣れちゃったんだか目まいは無いわ♪
でも、こうなってくるといきなり入院とか言われてもおかしくない気がするので、
そろそろ入院グッズ揃えとかなきゃ~!
・・・に、ポチっとヨロシクお願いします(^▽^;)

乳がん ブログランキングへ

[PR]
# by neko-no-mori | 2014-04-29 13:26 | カルボプラチン

がんと運動

本日のお散歩画像。田植え前の田んぼで見つけた可愛い花たち♪
e0034047_1844610.jpg

e0034047_185896.jpg

e0034047_185234.jpg

e0034047_1854510.jpg

e0034047_186469.jpg

我が家近辺に残っていた田んぼも、もうここくらいになりました。それも、マンションでも建てば無くなってしまうような狭さ(^^;)。お散歩の時に発見するこういった小さな花は、季節の移り変わりを本当によく教えてくれます。ずっと残っていて欲しいなぁ~・・・。


以前からご紹介している「がん夜間学校」と言うネット配信のライブイベント、先日ありました「もっと知ってほしい がんと運動のこと」の動画が公開されています。

アピタルがん夜間学校「もっと知ってほしい がんと運動のこと」

今までも運動をお勧めしてきた私としては、運動が取り上げられたのはうれしいです(*^^*)
どんな運動をどの程度行えばいいのかが、より具体的に分かると思いますので、是非ご覧ください。


普通にお散歩が出来るようになってきた!
そう、難しく考えなくていいからまずはお散歩だよ~♪
・・・に、ポチっとヨロシクお願いします(^▽^;)

乳がん ブログランキングへ

[PR]
# by neko-no-mori | 2014-04-21 18:12 | 乳がんお役立ちリンク

がん疼痛治療のコツ

数日前に撮った八重桜の画像。
e0034047_17401645.jpg

e0034047_17402978.jpg

お散歩の時の画像です。翌日には熱が出て、熱が下がったと思たら一旦おさまっていた吐き気がぶり返して・・・(ーー;)。昨日の夜辺りからやっと体調が回復して、お散歩もできるようになりました。

何か1ヶ月くらい体調のコントロールにアタフタしていますね~。数か月で驚くほどにすっかり体力が落ちました。ちょっとした坂がしんどくなり、何をするにも途中休憩が必要で、もう塀に上って庭木の剪定なんて出来そうにありません・・・へ?そんなん出来なくて当たり前ってか?(^^;)


さてさて、オキシコンチンと言う医療用麻薬を使うようになって約3週間くらいになりました。使い始めて2~3日はオキノームと言うレスキュー(痛みが酷い時に頓服で使用することを指します。)を利用しても痛みが退かなくて、医療用麻薬では退かない痛み(と言うものもあります)なのか?と思ったこともありましたが、1週間も経つとそんなこともなくなり、今はレスキュー無しで全くと言っていいほど痛みを感じずに過ごすことが出来ています。

丁度こんな記事がありましたのでリンクを貼っておきます。
「痛みで生活に支障が出ている」と伝えることがポイント
―がん疼痛治療のコツを国立がん研究センター中央病院緩和医療科の的場元弘氏に聞く―


痛みに関して医療用とはいえ麻薬を使用することに抵抗がある人がいるようですが、この記事にも書いてあるように、

「我慢し続けていると少々の鎮痛薬では抑えられないぐらい重篤化していってしまう」

私は父が肺がんでした(10年前に他界)ので、疼痛コントロールに関してはその頃から色々と調べていましたが、当時はなかなかその点について素人が見て分かるようなサイトはありませんでした。それでも、「麻薬は我慢していると効きにくくなる」と言うことは分かりましたので、もらっていた医療用麻薬を使うことに抵抗を感じて使用していなかった父に使用することを強く勧めました。

最終的にはなかなか上手くコントロールが出来ず、元々持病があったせいもあって、心臓の方が先に悲鳴を上げ、家に帰りたいと言う思いは叶いませんでした。

今は色々なサイトでがんに対する疼痛緩和について詳しいサイトもいっぱいあります。それでもまだまだ麻薬について、もっと広く言うと緩和医療に抵抗を感じていらっしゃる人が多いようです。

残念ながら私が通っている病院には緩和科も緩和病棟もありませんが、もしご自身が通っている病院に同様のものがあるのなら、積極的に利用することをお勧めします。



何か84歳のバーバラさん@母の方が歩くの早いぞ!
バーバラさんの肉体年齢は実年齢より20歳位若いと思うんだけど、
私は20歳くらい歳取った感じ?
実年齢もその位いっちゃって、
年金もらえたら嬉しいんだけどなぁ~
・・・に、ポチっとヨロシクお願いします(^▽^;)

乳がん ブログランキングへ

[PR]
# by neko-no-mori | 2014-04-20 18:30 | 緩和医療

皮膚転移・・・2014年4月画像

3年目にしてやっとまともな太さに成長するようになったアスパラ。
e0034047_18164276.jpg

これを美味しく料理したいんだけど、ここ数日吐き気がしてあまり料理をする気になれないのよね~。食いしん坊の私にしてはなんて珍しい事なんでしょ!

吐き気はおそらくオキシコンチンを飲み始めたからか、またまた抗がん剤が変わったからか。先週水曜日はハーセプチン+パラプラチン(一般名:カルボプラチン)を打ちました。本当はここにパージェタを足したかったんですけど、うちの病院ではまだ出来ないと~。次回は出来るようにすると主治医は言ってましたけど、さてどうなりますことやら。。。


さて、恒例となりましたお見苦しい画像、
ご覧になりたい方はポチッとの後ご覧ください。
・・・ってことで、ポチっとヨロシクお願いします(^▽^;)

乳がん ブログランキングへ


 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

More ホントに見るの?
[PR]
# by neko-no-mori | 2014-04-13 18:33 | 皮膚転移

カテゴリ

プロフィールと経過
乳がんお役立ちリンク
乳癌関連ニュース
リンパ浮腫
脳転移・ガンマナイフ
抗がん剤と副作用
皮膚転移
検査
日常
講演会・イベント情報
講演会レポート

医療費
肉体改造計画
補完代替医療
抗ホルモン薬
ハーセプチン
タキソテール
ゼローダ
タイケルブ
FEC
ナベルビン
アブラキサン
ハラヴェン
ジェムザール
パージェタ
カルボプラチン
緩和医療
医療の周辺
がん患者の就労
患者会
旅するぞっ!
観察日記♪
関連用語

ブログパーツ

フォロー中のブログ

Report 藤浩志企画制作室
*ムスカリのしっぽ*
ぶつぶつ独り言2(うちの...
猫・自転車・ときどき提琴
take it easy...
COMPLEX CAT
七匹目のどじょう
パリときどきバブー  f...
☆大阪百科☆ニュース
ギャラリー猫の憂鬱
故事ことわざ辞典blog
一花一葉
猫目堂
Day by day 心...
★ 野草デジカメ日記★
漂流生活的看護記録
フルエル堂のふるふる日記
足跡のこして~
乳ガンと社会を考えるブロ...
☆私の大切な人達へ☆ あ...
グリーフサポートルーム
ヴォーリズを訪ねて
駄スケの第一歩
乳腺外科医のブログ
揺々日記
solesole工房
ツジメシ。プロダクトデザ...
霧のうさぎ
log-min
Give me a Re...
プロシード・社長のブログ
奈良美智の日々
igrεk mani
team nakagawa
風歩記

LINK

以前の記事

2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
more...

タグ

(319)
(295)
(201)
(150)
(71)
(69)
(57)
(44)
(38)
(37)
(32)
(28)
(21)
(10)
(10)
(5)
(5)
(3)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

病気・闘病
日々の出来事

画像一覧