ホルモン+HER2+。2005年鎖骨上・下リンパ節への領域再発。07年、09年脳転移。2014年現在皮膚転移と格闘ちう


by 猫乃森

プロフィールを見る
画像一覧

<   2005年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ハドマー

本日の腕周り
(右のみ。左は6/25/2005参照)
 
掌  ・・・19
肘下・・・27
肘上・・・33
脇下・・・32


先週金曜日ハドマーをやりに行ったら、1人既に使用している人がいて、更に待ち人1人。11時近くに行ったので、その後、会計を待っているとバレエのレッスンに出られないので、ハドマーをするのを止めて帰って来た。
今日、10時過ぎに行ったら、既にハドマーをしている人と待ち人2人。結局、ハドマーが終るまでに1時間近くかかってしまった。何で急にハドマー受ける人が多くなっちゃったんでしょ???
[PR]
by neko-no-mori | 2005-06-27 00:00 | リンパ浮腫

本日の腕周り

現在の腕周り

      左   右
掌 ・・・ 17   19
肘下・・・21.5 27 
肘上・・・25   33
脇下・・・27 32.5
[PR]
by neko-no-mori | 2005-06-25 17:11 | リンパ浮腫

ハンドメイドハット

ネットで注文していたハンドメイドハットが届く。
http://www.netstyle.org/hat/
タオル地のものと、2重ガーゼになったもの。
だから、抗がん剤はまだ使わないんだってば;;;
まあ、普段でもかぶれるし、いずれは禿げにもなるので、あって損はしないでしょ。

ウィッグにしろ、帽子にしろ、届いてまずやってみたこと。
かぶった状態で前にカンブレ、後ろにカンブレ。ピルエット1回転。髪がある状態だと脱げない。果たして髪が無くなった時に、これで動いて大丈夫なものなのか、それはその時にならないとわからない。
そう、抗がん剤使用中でも体調が良ければレッスンに行きたい。極力周囲に心配をかけないように、普段と変わりなく見せるには、まずオツムからと言う事で。


現在の腕周り

      左   右
掌 ・・・ 17   19
肘下・・・21.5 27 
肘上・・・25   33
脇下・・・27 32.5

※カンブレ 腕の動作と一緒に、上体を前に倒したり後ろにそらしたり、或いは横にストレッチするような動き。
※ピルエット 片足を軸にして、もう片方の足のつま先を軸足の膝あたりに付けるように曲げて(パッセ)回転する。。。って、バレエ用語辞典じゃないって(^^;)
[PR]
by neko-no-mori | 2005-06-25 00:00 | 日常

ズラ

残念ながら(?)抗がん剤の治療は延びたが、
既に頼んであったカツラが届く。
おしゃれ用で医療用ではない。
でも、医療用の方が、ダサくて、見た目いかにもカツラって感じでイヤだったのと、何より高い。もし、地肌が透けるようなら、ガーゼかなんかの黒買ってきて、自分で貼り付けちゃえ。

5000円程度のものが見つかった。
実際に、お店に行って試着して買おうかとも思ったけど、
この値段なら、試しに買ってみて、
もしダメなら、外出時はその上に帽子かぶるとかも出来るし、
わざわざお店に行くほどの事もないのでネットで購入。

届いたものをかぶってみる。結構似合ってるかも♪
WIGDOM
http://www.wigdom.com/
Lapindorと言うメーカーの商品。
¥5,177なり。良くある医療用カツラの1/10の価格だね。
あと、医療用で安かったのが、
http://www.page.sannet.ne.jp/e-shirota/katura.html
[PR]
by neko-no-mori | 2005-06-21 00:00 | 日常

検診

今回は覚悟を決めて、抗がん剤のお世話になるつもりで
診察室のイスに座ったが。。。

先生見るなり、
「あれ?小さくなってるんじゃないの?」

そう、自分でも何となく、前よりちょっとマシなような気はしてたんだけど。
ゾラデックスが効いて来たと言うことみたい。
HER2の検査結果はまだ出ていないこともあって、
とりあえず、今回もゾラデックスの皮下注射だけで様子を見ることに。
次の手としては、ハーセプチンが使えるようならハーセプチン、
使えなければゾラデックス+UFT。
ファルモルビシン+エンドキサンよりは副作用が少なくてすむらしい。

あれ?でも小さくなってるって先生言うけど、見た目と触診だけだけど。。。
大きさ測らなくて良かったんかいな。
[PR]
by neko-no-mori | 2005-06-20 00:00 | 抗ホルモン薬

リンパ浮腫 セカンドオピニオン?

大阪市内まで、リンパ浮腫に詳しい医師の診察を受けに行く。
まずは抗がん剤での治療で、癌を小さくする事を一番にしなければいけないことで、それをすれば、むくみも改善される可能性が大きいわけだけど、

  1. 果たして主治医たちが言うように、このむくみが腫瘍を小さくする事で改善されるものなのかと言う事、

  2. ネットで調べても、本を読んでも、ハドマーと主治医たちの言うマッサージでは、ここまで太くなった腕が、たとえ抗がん剤で腫瘍が小さくなっても、簡単には元には戻らないだろうと思ったこと、

  3. 出来れば合うスリーブの選択と、マッサージ方法を教えてもらえればいいかなと。

優しそうな先生による問診の後、腕周りの太さの計測、超音波での診断があった。一番問題になりそうなのが、鎖骨下の静脈。リンパ液は身体の中を通って、ここに集まるんだって。で、超音波でこの部分の血液の流れを見る。反対側にある静脈の流れに比べて、極端に流れが悪い。どうやら腫瘍がこの静脈を圧迫している感じ。どうも最近右胸の周囲の血管が、青く浮き出て見えるなぁ~と思っていたんだけれど、この静脈の流れが悪い為に、他の静脈が頑張っているようだ。
結局リンパ浮腫もあるんだろうけれど、この動脈の流れを改善しない事にはむくみは取れないであろうとのこと。なので、まずはこの腫瘍を小さくして、その後のむくみ具合を見て、それから次の対策を考えましょうと言う結論に。
[PR]
by neko-no-mori | 2005-06-14 00:00 | リンパ浮腫

肩の荷・・・

腕の腫れは掌まで進み、ぷっくぷくの赤ちゃん状態。
どんどん暑くなってきて、
暑がりの私がずっと長袖でいるのは、
あまりにも不自然。
黙っていても「どうしたの?」となるのは
時間の問題となった。

母と弟に、再発を告げた。母の最初の言葉は、
「え~、何で○○ちゃんばっかり・・・。」
でも、さすが我が母、取り乱す事なく話を聞いてくれた。
で、弟はと言うと、一通り話を聞いて、部屋に消えて行った。。。

やはり我が弟、相変わらず寡黙だ。
缶ビール2~3本飲ませてから話したら、
何かコメントがあったかもしれない(^^;)

話せてホッとしたような、重荷が増えたような・・・
ビミョォ~。
[PR]
by neko-no-mori | 2005-06-05 00:00 | 日常

予約外診察

腕はパンパンに腫れてくるし、他にも聞きたいことがあったので、今日の主治医の予約を取ろうと、昨日病院にTELした。

「もう主治医の予約は一杯で、予約外でも受診可能な別の先生に見てもらってはどうですか?ただし、待ちますよ・・・」
そりゃ願ったり叶ったり・・・主治医の上司、ベテランの先生。意見聞いてみたかったんだよね~。

主治医はリンパ浮腫に関してどう対処すればいいのか、はっきりとした答えを出してはくれなかったけれど、こっちの先生は、
「しっかりマッサージしなさい!ハドマーも毎日おいで。」
おりょ?マッサージやっていいのかい。・・・やっていいよ。
リンパ節に転移のある場合、マッサージはしないほうがいいように書いてあるサイトがあったけど・・・いいよ。
リンパの流れの大元、鎖骨上部のリンパ節もグリグリする事になるけどいいのかい?・・・大丈夫。

抗がん剤の話。
私の場合、ハーセプチンは使えないのか?主治医からは話が出なかったが。

(カルテを見ながら・・・)あなたの場合、ホルモン療法が良く効くタイプのガンだから、ハーセプチンは使えないかもしれない。どっかに書いてあるはずだけど、HERって・・・ないね~・・・○○先生、やってないのかな~?使えない可能性が高いけど、まれに両方いける人もあるから、一応調べようね。そっちが使えるようなら、その方が身体が楽だし、その方がいいよね?

・・・先日名前が出なかったから、使えないのかと思ってたぁ~。なんだぁ~、調べられてもいないのかいぃ~。やっぱ、この先生の意見聞いて良かったぁ~。主治医に対しての不安はあるが、何かあったらこりゃこっちの先生に聞こう。こっちは自分の命がかかってるんだい!でも、主治医変えろとは言わないよ。3年付き合ったしね。マダ若いし。○○先生、ともに成長しよう。

ホルモン療法が効くタイプで、一旦終了したゾラデックスを再開したばかり。効果を見るのにもうちょっと様子を見てもいいとのこと。抗がん剤治療はその後でも遅くはないと。

前回の主治医の診察から、10日程しか経っていないのに、相当腕は腫れて、手のひらまで赤ちゃん状態(^^;)踊れるような状態ではなかったので、レッスンに行かずに病院に行ったわけだけど、とりあえず、抗がん剤の治療が始まるまではレッスンに行ける!来週は行くぞ!!!ただ、その前にもうちょっと腕のむくみ取らなきゃ。このままじゃ動かないや。。。

※ハーセプチン・・・癌細胞の表面にあるHER-2受容体という癌を増殖させる因子が結合する部位をブロックして、癌の発育を抑えようという分子標的治療の一つ。
日本でも平成13年6月から、乳癌専門施設を中心に使用できるようになった。
副作用も心臓などに対して強いので、癌細胞の表面にHER-2受容体がなければ、使用出来ない。その有無は手術時のサンプルを用いて、免疫染色法で調べる。ハーセプチン単独もしくはタキサン系の抗癌剤などと組み併せて使用。
[PR]
by neko-no-mori | 2005-06-03 00:00 | ハーセプチン

カテゴリ

プロフィールと経過
乳がんお役立ちリンク
乳癌関連ニュース
リンパ浮腫
脳転移・ガンマナイフ
抗がん剤と副作用
皮膚転移
検査
日常
講演会・イベント情報
講演会レポート

医療費
肉体改造計画
補完代替医療
抗ホルモン薬
ハーセプチン
タキソテール
ゼローダ
タイケルブ
FEC
ナベルビン
アブラキサン
ハラヴェン
ジェムザール
パージェタ
カルボプラチン
緩和医療
医療の周辺
がん患者の就労
患者会
旅するぞっ!
観察日記♪
関連用語

ブログパーツ

フォロー中のブログ

Report 藤浩志企画制作室
*ムスカリのしっぽ*
ぶつぶつ独り言2(うちの...
猫・自転車・ときどき提琴
take it easy...
COMPLEX CAT
七匹目のどじょう
パリときどきバブー  f...
☆大阪百科☆ニュース
ギャラリー猫の憂鬱
故事ことわざ辞典blog
一花一葉
猫目堂
Day by day 心...
★ 野草デジカメ日記★
漂流生活的看護記録
フルエル堂のふるふる日記
足跡のこして~
乳ガンと社会を考えるブロ...
☆私の大切な人達へ☆ あ...
グリーフサポートルーム
ヴォーリズを訪ねて
駄スケの第一歩
乳腺外科医のブログ
揺々日記
solesole工房
ツジメシ。プロダクトデザ...
霧のうさぎ
log-min
Give me a Re...
プロシード・社長のブログ
奈良美智の日々
igrεk mani
team nakagawa
風歩記

LINK

以前の記事

2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
more...

タグ

(319)
(295)
(201)
(150)
(71)
(69)
(57)
(44)
(38)
(37)
(32)
(28)
(21)
(10)
(10)
(5)
(5)
(3)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

病気・闘病
日々の出来事

画像一覧