ホルモン+HER2+。2005年鎖骨上・下リンパ節への領域再発。07年、09年脳転移。2014年現在皮膚転移と格闘ちう


by 猫乃森

プロフィールを見る
画像一覧

(病名)右鎖骨上リンパ節転移 (術式)摘出術

奈良レポートはひとまず置いといて・・・。
月曜日に診察を受けた時に、最近前から鎖骨上にあったしこりがだんだん大きくなってきていて、風邪をひいた時のような喉の詰まりと腕のだるさがあるので、さてどうしましょうと主治医に相談してみました。

まあ、方法としては3つあって、

 1.手術で取っちゃう。
 2.放射線を当てる。
 3.抗がん剤を別のものに変える。

結果から言うと「外来手術 説明・同意書」によると題名のような手術になるようですが、なぜ2と3を除外したかというと、放射線の場合、一度放射線が当たった場所には次にもう当てられない。肺や頸椎などに転移をした場合、そこにきちんと放射線を当てることができない可能性があるわけです。それからおそらく2週間(いや、もっとかな)とか毎日通うことになるのは結構面倒だなぁ~という点。

抗がん剤を変えるという選択に関しては、「脳にいっているのでタイケルブ(脳転移にも効果があるとも言われています)はどうでしょ~。」という話もこちらからしてみました。今のところまだうちの病院では使っている患者さんはいないそうで、「第1号になってあげよっか~♪」なんてことを言いつつ、でもやっぱり主治医も私も副作用がちょっと気になる。私の場合元々お腹が弱いので、タイケルブの副作用として下痢が上がっているため、今のところあるのはこの鎖骨上のしこりだけなので、手術で取っちゃうのが一番手っ取り早いんじゃないか・・・。となったわけです。

「痛いんじゃないの?」という私に、
「麻酔するから痛くないよ。」と先生。
「手術終わった後ですよ~。」
「手術後痛いとか言った人いないよ。術後痛み止め飲まない人もいるし。」
「そりゃ、先生には皆なかなか言えないでしょ。(痛み止め出すってことは痛いんじゃんーー;)」

でも、先生曰く「ポロっと取れるよ。」



さてさて、そのレポート♪そう、翌日である昨日手術受けて来ました。

手術スタートは12時。その2時間前の10時にまずセフゾンという抗生剤を飲みます。手術直前には食事が取れないため、この時軽いものをちょっとお腹に入れておいた方がいいとのことで、バナナと台所にあった残り物を適当に食しました(^^;)。

前の手術の時間が押していて、手術室のあるフロアに行ったのは12時半。外来手術とはいえ手術室で手術着に着替えての治療です。自分で歩いて手術室に向かいます。手術台に乗って、切る場所にマジックで印を付けられ、局所麻酔で手術が始まります。

で・・・、まず手術台をちょっと動かした際天井の照明が切れた。手術台を動かすために一旦切ったのかと思ったら点かなくなっちゃったらしく、でも別の可動式の照明器具を点けて手術開始(^^;)。チクッとする麻酔注射は普段から血液検査や点滴の針を入れるので気にはなりません。メスで切られて手術は進んでいきます。

かなり引っ張って押し広げられてる感じがわかります。引っ張りながらしこりをはがしていく感じで少しずつ切り取ろうとしているのが分かります。痛くなったらすぐに麻酔追加するから言ってね~と言われたんですが、さて、どの程度でどういった場合にお願いすればいいんでしょ???痛いんだか重だるいんだか、この感じとっても不快だわぁ~。。。全身麻酔の方がいいわね~とか思いつつ、とりあえずなるべくリラックスして脱力を心がけながら、身体に力が入る感じが増して来た時にこりゃ我慢してるんだわねということで、ちょっと痛いですとか言って麻酔を足してもらう。

途中執刀医である主治医から、明かりがまだ点かないのかとか話しているのが聞こえます。私が「どこかで配線切れてるんじゃないっすか~?」とか言うと、「患者さんを不安にさせちゃだめだよね~。」とかなんとか。不安になるっちゅーより私の場合、なんでそうなっているのかが気になるのよね。自分で調べてみたい気分。で、ついでに言うなら、進行具合をモニターで見たい!とか思っていたり(^^;)。

途中照明が点いた後も、結構すぐに取れるのかと思ったら何やら結構手こずっている感じ。で、それを言ったら、思ったよりも深くて神経のすぐ傍だとかなんとかで、やっぱり主治医苦戦中(^▽^;)。腕ちゃんと動くようにしてくださいね~♪と言いつつ、術側の指を動かして大丈夫か確認。途中ビビッとか電気が走るような感じがするのは神経に触れた時かしら?

首から肩甲骨にかけて肩こりのひどい時みたいにすごくいただるいですぅ~。と言うと、それは麻酔のせいだとか。途中、放射線にすりゃよかったかとかボロッと取れるなんて違ったじゃんとか思いつつ、結局予定していた時間を超えて1時間半くらいで手術終了。

その後、外来に戻って簡単な術後の生活指導があってその日のミッションは終了。私は一緒に行った母としっかり遅めのお昼をたっぷりとりましたが、無理やりの様に入れた手術ですし、主治医と助手の先生&看護師さんたちはお昼は食べてないでしょう。更に晩御飯もずれたかな?ゴメンナサイネ~☆
[PR]
by neko-no-mori | 2009-12-10 00:33 | プロフィールと経過

カテゴリ

プロフィールと経過
乳がんお役立ちリンク
乳癌関連ニュース
リンパ浮腫
脳転移・ガンマナイフ
抗がん剤と副作用
皮膚転移
検査
日常
講演会・イベント情報
講演会レポート

医療費
肉体改造計画
補完代替医療
抗ホルモン薬
ハーセプチン
タキソテール
ゼローダ
タイケルブ
FEC
ナベルビン
アブラキサン
ハラヴェン
ジェムザール
パージェタ
カルボプラチン
緩和医療
医療の周辺
がん患者の就労
患者会
旅するぞっ!
観察日記♪
関連用語

ブログパーツ

フォロー中のブログ

Report 藤浩志企画制作室
*ムスカリのしっぽ*
ぶつぶつ独り言2(うちの...
猫・自転車・ときどき提琴
take it easy...
COMPLEX CAT
七匹目のどじょう
パリときどきバブー  f...
☆大阪百科☆ニュース
ギャラリー猫の憂鬱
故事ことわざ辞典blog
一花一葉
猫目堂
Day by day 心...
★ 野草デジカメ日記★
漂流生活的看護記録
フルエル堂のふるふる日記
足跡のこして~
乳ガンと社会を考えるブロ...
☆私の大切な人達へ☆ あ...
グリーフサポートルーム
ヴォーリズを訪ねて
駄スケの第一歩
乳腺外科医のブログ
揺々日記
solesole工房
ツジメシ。プロダクトデザ...
霧のうさぎ
log-min
Give me a Re...
プロシード・社長のブログ
奈良美智の日々
igrεk mani
team nakagawa
風歩記

LINK

以前の記事

2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
more...

タグ

(319)
(295)
(201)
(150)
(71)
(69)
(57)
(44)
(38)
(37)
(32)
(28)
(21)
(10)
(10)
(5)
(5)
(3)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

病気・闘病
日々の出来事

画像一覧